葉酸の過剰摂取による危険性とその副作用による症状とは

葉酸には様々な効果が期待できます。

特に妊娠を希望している人や妊婦さん、授乳中の女性にとって強い味方であり、摂取することを厚生労働省も推進しています。

では、どのような効果があるのか考えてみましょう。

まず、妊娠を希望している人や妊婦さんにとっては期待できることとして、胎児が神経管閉鎖障害の予防になると考えられています。

母親ならばやはり産まれてくる子供の為に何かしらしたいと思うのが自然なことでしょう。

葉酸を含む食品やサプリメントを上手に利用している人が数多くいます。

次に、授乳中の女性にも効果があります。

これは妊婦さんにも言えることですが、授乳中の女性も貧血になりやすいです。

その際に葉酸を摂取することにより、症状が改善されます。

しかし、「体にいい」「お腹の子供為にいい」ということで、たくさん摂取すればよいということではありません。

厚生労働省は妊娠中および妊娠を希望している女性は一日平均400μg、妊娠していない男女でも200μgを摂取することを推奨しています。

食品からの経口摂取では過剰に葉酸を摂取することはありませんが、サプリ等を使用すれば過剰摂取になるおそれがあります。

やはり作用があれば副作用ももちろんあります。

例えば、産まれてきた赤ちゃんが喘息やアトピーの症状を引き起こす恐れがあります。

また、赤ちゃんだけでなく、お母さんにも症状が現れます。

じんましん、呼吸器障害、むくみや吐き気、不眠や食欲不振などの症状が現れます。

適量があるので、量を守って摂取することで赤ちゃんもお母さんも笑顔でいられることが望ましいです。

また、葉酸を摂取しすぎることにより亜鉛の吸収を阻害してしまう恐れもあります。

亜鉛は女性ホルモンの分泌を促すため、妊娠を希望している女性には必要な成分です。

摂取量を守れば効果は葉酸、亜鉛共に期待できますが、過剰摂取は避けましょう。

未来のお母さんも既にお母さんも体を守るために適切な量を摂取しましょう。